こんな方は網膜剥離に要注意!

体験談

糸くずやゴミのようなものが見える(飛蚊症)

飛蚊症はよく聞くワードだと思いますが、視界に糸くずやゴミのようなものが見える状態を言います。

これは硝子体の濁りが網膜に写る事により自覚するとされていますので加齢により増加します。

ぶどう膜炎などの炎症や眼底出血などでも硝子体の濁りが出ますので様々な病気が潜んでいる可能性があります。

 

 

チカッと光や稲妻のようなものが見える(光視症)

光視症とは、眼に光を受けていないのにチカッと光や稲妻のようなものを感じる症状です。暗い部屋にいても感じます。

この症状は眼の中の硝子体の動きに伴って網膜の癒着している部分が刺激を受けて発生するとされています。

光が現れる場所がいつも同じの場合は、網膜剥離などの網膜の病変が疑われます。

 

光視症と判別が難しいのが閃輝暗点と呼ばれる頭痛持ちの方に診られる症状があります。

今回の私の場合も頭痛がありましたので当初は閃輝暗点を疑っていました。素人判断せずすぐに受診する事が大切ですね。

 

 

早期発見には定期的な眼底検査が必要

飛蚊症が気になる方、増えてきたという方は眼底検査を受ける事をおすすめします。

特に突然飛蚊症が増えた、チカチカするといった場合、早期の受診で早く病気を見つける事ができるでしょう。

糖尿病などの基礎疾患をお持ちの場合も持病に影響して発症する眼疾患を早期発見しましょう。

 

 

今回の経験から、定期的に眼底検査を受けていこうと感じました。

皆さんも瞳の健康を意識してみてくださいね。読んでくださいましてありがとうございました。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました