和歌山県

2022/5/5 こいのぼりの丹生川渡しへ行ってきました

和歌山県

こどもの日に家族でお出かけ

ゴールデンウィークは兄家族が帰ってきていました。この日はこどもの日という事もありそれらしいところに出かけようと考えていました。

ネットで調べてみると、和歌山県九度山町で『こいのぼりの丹生川渡し』というイベントがあることを知りました。この他、大阪府内では高槻市の芥川桜堤公園で開催される『鯉のぼりフェスタ』というのもあるようです。鯉のぼりの数は約1000匹と規模としてはこちらが大きいです。

どちらに行こうか迷いましたが、自宅からのアクセスが良い九度山町を訪れることにしました。

和歌山県九度山町 こいのぼりの丹生川渡しについて

九度山町を流れる丹生川と紀の川の合流する丹生橋付近では、毎春約100匹以上のこいのぼりが空を泳ぐ「こいのぼりの丹生川渡し」が開催されています。川面の上を優雅に泳ぐこいのぼりの姿は、九度山の春の風物詩となっています。
4月の早い時期には、桜並木の中を泳ぐこいのぼりを目にすることができます。

【期間】
4月上旬~5月5日

【場所】
丹生橋河川(道の駅柿の郷くどやま近く)

九度山町役場ホームページより引用)

南海高野線九度山駅より徒歩で向かいます

南海高野線九度山駅からのアクセスは徒歩で約15分~20分くらいです。

河川敷に到着すると鯉のぼりたちがお出迎え!青い空を泳ぐ鯉のぼりが素敵でした。

たくさんの家族連れが鯉のぼりが泳ぐすぐ下で川遊びをしていました。うちの子たちも川遊びをしました。水が冷たくて気持ち良かったです。

この日は隣接する道の駅柿の郷くどやまにて『真田まつり』がおこなわれていました。

時間の都合でステージを見ることはできませんでしたが、出店もありましたのでここで昼食をとって帰りました。

こどもの日らしい、季節を感じるお出かけでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!